2018/01/28

2018.1.21(日)ペン習字新年初顔合わせ

紅梅

蝋梅

白梅








1月21日(日)午後1時開会

暦の上では大寒でしたが、青空の澄み渡るとても良いお天気に恵まれた1日でした。

藍屋(あいや)霧が丘店
出席者 18名

新宿で小田急線に乗り換え、町田でJRに乗り換えます。
無事会場の最寄り駅到着。バス停を探していると、鈴木師範とお目に掛かり、ご一緒することにしました。

またバス停へ向かう途中では、冨永先生、小野師範とも合流、バスの仲で武田師範と合流しました。

降車後、山下先生のご自宅へ向かう鈴木師範、武田師範と別れ、私たちは開宴までまだ十分時間がありますね、などと話しながら藍屋へ。藍屋へ着くと、先に到着した長野から初参加の坂上様が立ったまま待っていらしたのでビックリ。

初参加なら、先生の座られる席のそばがいいですよ、とお話ししながら皆さんの到着を待ちました。

その後席はくじ引きで、私が引いた11番は山下先生の真正面の席になり、初参加の坂上様は先生のお隣という席になりました。

順番に自己紹介のあと歓談。私はずっと同じ席にいるのは申し訳ないので、先生の前の席にもかかわらず、遠慮無しに食べて、その後は席替えに参加しました。

また昨年10月に山下先生が傘寿を迎えられたとのことで、弟子一同としてささやかなプレゼントをお渡しすることができました。
 武田師範、鈴木師範のお心配りに感謝です。

16:00までたっぷり過ごしました。

2次会の会場パッパパスタへ移動。長く繋がったテーブルの奥から詰めて座りました。
メニューを見て、私たちのエリアはデザートを頼むことにしました。
その後、なんとサプライズで、山下先生の奥様がいらして、私たちの席の隣に座られたので、いろいろとお話することができました。

内助の功とはこういうことなんだなぁ、といろいろとお話を伺って勉強になりました。
そして、先にデザートをいただいた私たちでしたが、オススメのかぼちゃのニョッキをシェアしていただいたり、ピザをいただいたり、美味しい料理と素晴らしいお話でお腹がいっぱいになりました。

形は整っても線質がね〜とおっしゃるのは、山下先生を間近で見られている奥様ならではの感想だなぁと思いました。

私もまだまだですが、山下先生の字に一歩でも近づけるよう今年も課題を提出しようと思います。

とても有意義な1日でした。