2017/12/31

2017.12.30(土)走り納め南房総

6:07 地元駅出発
武蔵浦和 西船橋 南船橋 蘇我(気温4度)
上総湊からは海越しの富士山が見えてとても良いお天気

9:20 保田駅到着

江月(えづき)水仙ロードを目指します
途中、吠える犬に驚いて右に飛び出す人がいて、びっくり。
房総は吠える犬を飼っているお家が多いのかしら。
地元のボランティアのかたが管理されている綺麗なトイレもありました。土足厳禁です。
今日は空いていて、走りやすかったです。


水仙ひろばでお茶を飲んで休憩していると猿に遭遇。
最初放し飼いの犬かと思ったら、木に登っていったので、猿か!とビックリ。
少し様子をうかがって、1匹だったので、集団になるまえに、逃げようと思い、来た道をさくっと下りました。
登っているときには気がつかなかったけれど、下り道で富士山にまた会えました。
内房線からも見えましたが、今日は富士山がずっと見守ってくれていました。
館山に入ると南国の雰囲気に
地元の車がひっきりなしに入っていくお店を発見。
館山 中村屋 中パンカフェ
みていると、ソフトクリームを食べている人が多かったです。
買った物を中で頂けるというので、席を確保しました。
 あ、家族に乾杯でゆずの二人も立ち寄った場所だったんですね。知らなかったです。
2017年ってことは今年ですね〜。

パン屋さんでした。3つ買って、1つだけ頂きました。2つはお土産。
千倉へ向かいます、途中いくつかトンネルあります。
山肌に放牧牛が見えたり。須藤牧場
 千倉中学校の入り口に咲いていた黄色い水仙。
 アロエの花を見ると、房総だなぁ、と思います。

 カタバミ、オキザリス、スプリングチャーム
 冬桜
いつも素通りしちゃう高家(たかべ)神社、今日は初めて参拝してみました。
料理の神様です HP


 パンパスグラス
 千倉漁港の海岸線も面白い岩が沢山

 2:30〜昼食 はな房さんにて
本家高地さんのオフ参加者ご一行様と合流して頂きます!
 アラ煮、金目の煮付け、美味しかったです。
一生懸命食べました^^

帰りは4:47発 千葉行き 4両編成に分散乗車。
やすごんさんの奥様Mさんと自転車話しに盛り上がりました。

今日はソロツーリングの予定でしたが、高地さんからお昼に合流してはとのお誘いをいただき、間に合うか不安ではありましたが、伺うことに。
結果としては、十分間に合う事が出来たので、また次回の企画の参考にしたいと思います。

高地さん、すどうさん、あるびさん、やすごんさんと奥様、合計6人でのお食事となりました。

以前、学生さんが沢山出てきて気になっていた、千倉の駅前にあるカフェに初めて伺いました。中は雑貨などもあるセレクトショップとカフェの併設で、暖かい挽き立てコーヒー購入することが出来ました。350円

バニラ
雑貨、アンティーク、カフェ
南房総市千倉町瀬戸2252-2 TEL0470-28-4730  10:00〜17:00

帰りはプチハプニングもありましたが、あるびさんにお任せして、帰宅の途につきました。

今年も無事走り納めました。明日は自転車も大掃除しようっと。




2017/12/24

なるメールXmas vol.14


 切り干し大根のシャキシャキした歯ごたえが美味しいサラダ。
rikoさんが給食っぽいメニューと言っていたのが印象的でした。

 実家で採れたゆずをなるさんからいただきました。
 こちらはサイボクハムからやってきた「まんぞく焼き」という骨付き肉。
少し温めてからお肉をそげ落とすようにカット

しるこサンド
 さんぽさんお手製のベイクドチーズケーキ15センチホール。女子力高っ。
 先ほどの満足焼き、頂きます♪
 ポトフ。マッシュルームが丸ごと入っていたり、カブがとろけて美味しかった。
ジョンソンヴィルのソーセージ初めていただきました。
 ほーほーほー
できさんの差し入れは「神内和牛あか」の赤身を多く使った、旨み成分たっぷりのハンバーグ。ふるさと納税の記念品だそうです。


カスクートは全部で3回も登場し、記念撮影が終わるとあっという間になくなります。
ポンパドールのパリパリバゲットに、サイボクハムのジャンボ骨付きハムがボリュームたっぷり。四つ葉バターも効いてて、美味しかったです。


ぐーさんの差し入れ、名古屋の純米酒、東龍(あずまりゅう)は老舗蔵本から

 ハンバーグカスクートも頂きました
 シュガーパウダーノンウェットの上にチーズケーキを載せてみました。
あまおう苺のロールケーキにマンゴーソース添え
美味しいコーヒーも2度豆を変えてご用意いただき、大大満足の一日でした。
食べ過ぎだー^^

メールクリスマスvol14に参加
12:00開会〜18:00閉会

参加
rikoさん、さんぽさん、できさん、ぐーさん、ともくん、なるさん、高地さん、ガースさん、ayako

2017/12/18

エビをさばく

先日、初めて活き車エビをさばく機会があり、大変勉強になったので覚え書きを。

早朝8時30分過ぎ、ヤマトさんが保冷バッグに入ったエビを届けてくれました。
その日、私はちょうどお休みの日ということもあり、荷物は朝一で受け取れたのですが、明け方からの頭痛で、気になりつつも、いったんそのまま冷蔵庫へ保管して就寝zzz。

夕方まで冷蔵庫に入れてしまいました。
あとで気がついたのですが、

 あ、冷蔵を避けてって書いてある!とあわてて冷蔵庫から出しました。

 そして、夕方熱が下がってすこぶる元気になったので、いよいよさばく準備することにしました。

rokuさんも氷を買いに行ってくれたり、オガクズの中からエビを取り出す手伝いをしてくれました。

とりあえず、大きなビニール袋の中に箱を設置して開封。

下ごしらえはこちらのページを参考にしました。

刺さると痛いですという注意書きを読みつつ、オガクズから取り出したばかりのエビは、勢いよく暴れます。

氷水に入れたら、仮死状態になるのか、扱いやすくなりました。

メモ
・車エビの頭を右手で持ち、ひねりながら胴から外す。
 この時背ワタも一緒に抜けます。
 頭を使う場合や姿で使う場合は竹串で抜く。

・殻を一節ずつむいていきます。尾をつけて調理する場合は尾の手前のひと節は殻を残します。殻がむけたら足も手で取り除きます。

・尾の間のとがった部分は水がたまっているので、包丁で先を切り、中の水をしごき出します。揚げ物に使う場合は大切な下ごしらえの一つです。
 
・さばくときはしっかり押さえて作業する

・加熱しはじめても飛び出す事があるので注意

・天ぷらにするときは、腹側に切り込みを入れまっすぐに身を伸ばす。

・殻をむいた後、手にかゆみが出ました。付着物をしっかり落とせば問題無いようです。
 
新鮮で、大きく、甘い車エビ堪能致しました。美味しかった〜^^

さばくと、食育というか、命を頂いているな〜としみじみ感じさせられました。

この週末はゆったりDVDを鑑賞して過ごしました。
しあわせの隠れ場所
小野寺の弟 小野寺の姉

青空個展てづくり市を見に行きました

今日は中野セントラルパークへ行って来ました。 家でのんびりクイーンのPV( ボヘミアンラプソディ公開記念動画 )を見ていたら、てづくり市に向かったrokuさんから「風が吹いているのが辛い、対策してこなかった」とのヘルプ要請があり、コートとか、手袋とか、ひざ掛けなどを適当...